診療案内

主な診療疾患

頻尿・尿漏れ
前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、間質性膀胱炎、腹圧性尿失禁、 切迫性尿失禁、溢流性尿失禁
泌尿器がん
前立腺がん、膀胱がん、腎盂尿管がん、腎がん、陰茎腫瘍、精巣腫瘍
泌尿器感染症
前立腺炎、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎、精巣上体炎、精巣炎、亀頭包皮炎、性感染症(STD/STI)
その他泌尿器疾患
腎結石、尿管結石、膀胱結石、勃起不全(ED)、早漏、男性更年期障害、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)、痛風・高尿酸血症、腎機能障害、血尿、夜尿症、尿潜血、蛋白尿の精査治療など

主な検査

検尿
出血や蛋白など尿の異常を調べる重要な検査です。初診の方は必ず、再診の方も原則として毎回行いますので受診直前には排尿せず来院してください。
どうしても尿が出ない場合は受付にお申し出ください。
超音波検査
診断装置を体にあてるだけで腎、膀胱、前立腺、精巣など様々な部位を検査できます。前立腺の場合は直腸から検査を行います。
カラードップラー超音波診断装置を導入しより高度な診断が可能です。
残尿測定
診断装置を下腹部にあてるだけで排尿後に膀胱に残った尿量が測定できます。排尿状態の把握、治療の判断に重要な検査です。
尿流量測定
トイレ型の機械に向かって排尿することで尿の勢いを調べることができます。
個室の検査室で安心して検査を受けられます。
膀胱内圧測定
膀胱に空気を注入しながら圧力を測定します。
膀胱機能の正確な評価ができ、頻尿、排尿障害、神経因性膀胱などの診断に役立ちます。
膀胱鏡検査
膀胱内にカメラを入れて膀胱癌などの診断を行います。
最新の軟性膀胱鏡・電動内視鏡台を採用しており、十分に尿道浸潤麻酔を行いますのでより楽で痛みの少ない検査が可能です。
院内感染予防のためクリニックレベルではめずらしい内視鏡自動洗浄消毒器を完備しており、安心して検査を受けられます。
尿路造影検査
造影剤を腕から注射した後に数枚レントゲン撮影を行います。
腎の内部(腎盂)や尿管の様子がわかります。
診療時間
 
AM
8:30~12:30
PM
2:00~5:30

※休診 : 第2第4土曜・日曜・祝日

たかすぎ腎泌尿器科 札幌市

〒002-8022
 札幌市北区篠路2条6丁目4-30

JR篠路駅から徒歩5分横新道踏切そば

TEL: 011-775-1233

このページのトップへ